第7回おとな塾☆ビリーブリセット講座の模様

第7回は、偏向報道に強くなる学び

 

ビリーブリセット講座で講師をしている竹久友理子です。

今日は2018/1/17に実施した第7回の講座資料をほんの少しだけ紹介します。

ワードで作ったものをそのままスクショしたら、改行とかありあり分かってお恥ずかしいけれど、こんな感じで毎度学びの資料を作成して、講座を開催しています。

 

昨日のお題目は

【情報リテラシー基礎】腹にスッと落ちる情報が一番怖い!マスメディアの偏向報道に強くなろう(中級編)

でしたので、

実践をふまえたニュースの検証に力を注ぎました。

そして世の中的には「ニュース解説者として最も信頼されている池上彰さん」のニュース解説を通して、印象操作がどのように行われているのか、また捏造ニュースにはどうやって気がついたらいいのか学ぶ時間に充てました。

池上彰さんが正しいと思う人ほど、下記のリンク動画を確認して欲しいです。

見て頂ければ分かると思いますが、池上彰さんは世の中の評判とは裏腹に、でっち上げとしか思えない情報を堂々と真実だと解説することに長けた人です。

世の中のイメージによって、信頼できるできないではなく、実際彼がどんなNEWSをそれらしく報道しているのか、講座生の皆さんがそれぞれ考えてもらえる有意義な時間になったのではないかと思います。

(ちなみに写真は、abemaprimeで報道された内容【女子高生のスカート丈が景気に左右されている?】っていう情報のでたらめっぷりを、元女子高生マーケティングをやって来た者として解説している所です(笑))

日本経済とスカート丈がリンク?JKファッションの歴史を振り返る

↑これ全部がデタラメです。本気にしないように!

 

 

ちなみに情報リテラシーを中心に講座を開催するのはこれで2回目で、前回はテレビと新聞社の関係とプレスコードについて学びました。

今回はどこまでみんながそれを覚えているかな?ってことで試してみたら……

キャッチフレーズまでは忘れてしまったとみんな言ってましたが、

なんと!新聞社とテレビ局の関係値まではみんなバッチリ頭に入っていてくれてました!!

皆さんGJ!ですよGJ!

これが分かるか分からないか、見えるか見えないかでは、情報取得に大きな差違が生まれます。

 

そんなこんなで高山先生とバトンタッチ♪

先生からは、ニュースの報道が世の中に与えてしまう影響とそれによって個々の人生にどのような影響を及ぼしてしまうのかという点について説法して頂きました。

 

そして再度バトンタッチして私の波動のお時間。

情報リテラシーだから、情報と潜在意識の関係値についてお伝えしようと思っていたのですが…

ここ最近いろいろあったので(笑)

偽スピリチュアル詐欺の実態とそこから自分の身を守る方法について

一生懸命話しました。

細かい話は講座生とだけ共有すればいい話なので、ここでは話を控えますが、こちらのブログを見てくださっている皆さんに一つだけお伝えしておいた方が良いだろうと思うことがあるので、ここからはその事についてお話しします。

 

目標達成≠幸せになる

現代人の多くは、目標達成と幸せが=(イコール)の関係値で結ばれていると考えてしまいがちですが、実をいうと、それこそが現代人の多くを不幸のどつぼに落とし入れる源です。

今の心持ちが不満や不幸や不平に溢れていると、どんなに目標を達成しても、幸せを感じられることはできません。

確かに目標を達成すれば、その一瞬だけ幸せの風は吹きますが、幸せの感覚に浸れるのはほんの一瞬だけで、また不幸な気持ちに逆戻りしてしまいます。

今、自分の社会人時代を振り返ると、私はなんて恵まれた社会人人生を歩ませてもらうことができたのだと思います。

あの頃よく、私に憧れるとか私みたいにバリバリに活躍したいと言われたものです(恥笑)

ですが、当の私は、自分の人生にほとんど幸せなど感じられることはありませんでした。

幸せを感じられなかったからこそ、もっと高見を目指し、きっとあそこにいったら幸せがあるはずだと信じて頑張っていたに過ぎなかったです。

自分の力の限りを尽くして、自分の出来る力の範囲で高見に昇ってみたけれど、それでもやっぱり幸せは感じられなくて、そして頑張れば頑張るほど、なぜか幸せが感じられなくなっていく気持ちも増えていって、そして、もうこれ以上は昇りたくないって思う気持ちもあって、会社を辞めることにしました。(会社のことは大好きで、辞める時には一つの不満もありませんでした。今も会社の同僚たちとは仲良くしていて、みんなのことが大好きですし、会社のことも大好きです。)

 

だから、分かるんです。

どんなに目標を達成しても、幸せにはなれないって。

目標に向かう前の自分が、先に幸せになっていなければ、幸せは感じられないって。

 

私は大好きな会社を辞めて、無謀にも孤独な修行に没頭しました。

そのおかげで、恒常的な幸せを体感できるように自分の体が変化しました。

だから今は、目標に向かってる最中も幸せですし、目標を達成したら尚のこと幸せで楽しいです。

 

今の私は知っています。

目標を達成してから幸せになるのではなく、

先に幸せを体感できる心持ちになってから、目標を決めてそこに立ち向うべきだということを。

 

幸せは、必ずあなたの日常に溢れています。

そこに目を向けてられないから、不幸せを感じます。

そして世の中の風潮もそれを無視するように成り立っていて、だからこそあなたもそれに流されてしまっていただけだと思います。

 

 

目標を達成するのは

まずは日常の些細なことに目を向け、幸せを恒常的に感じられるようになったら、

またエゴという厄介な異物を正常化させたことによって、幸せを恒常的に感じられるようになったら、

で十分だと思います。

 

そして、それが出来ない状態でやれば、私と同じ二の舞になるだけで、どこまでいっても幸せを感じられない青い鳥探しをさせられるだけになると思います。

 

どうぞ、この違いを理解して、あなたの人生に役立ててもらえたらと思います。

 

参考になりそうな記事

第五章 エゴの特性を理解する ~エゴは無くならない?