おとな塾カリキュラム

おとな塾は月一の学びで日本人としての教養を少しずつ深めます。

 

おとな塾では、情報社会で必要な情報リテラシーを高めるために、歴史や日本の成り立ちや考え方を根本から見直していきます。

また同時に考え方及び発信の基礎を育むためにディベートを定期的に実施する他、偉人の生き方に触れることで教養を深めて参ります。

 

レッスン1

セミナーを受講するにあたって 【構成と内容 心構え】

リテラシー  【情報リテラシー・情報の受け取り方】

地理分野 【47都道府県を覚える】

【偉人:二宮尊徳】

積小為大

大事を成さんと欲する者は、まず小事を務むべし。大事を成さんと欲して小事を怠り、

その成り難きを憂いて、成り易きを務めざる者は、小人の常なり。それ小を積めば大となる。

 

レッスン2

国家の三要素 【主 権】

敬語の使い方 【丁寧・尊敬・謙譲語】

地理分野    【日本の農業・工業水産業】

【偉人:伊藤一斎】

仁者は常に人の是を見る。不仁者は常に人の非を見る。

仁徳を備えた者は、その人にどんな良い所があるかを見ようとする。反対に仁徳を備えぬ者は

人の欠点のあら探しばかりしようとする。

 

レッスン3

国家の三要素 【領 土】

宗 教 【神道・仏教・その他】

国の政治のしくみ【1】

【偉人:森信三】

一生の志を立てることが根本です。

つまり自分の生涯を貫く志を打ち立てるということです。

 

レッスン4

国家の三要素  【国 民】

責任者のための心の作り方 【振り返り】

国の政治のしくみ 【2】

【偉人:安岡正篤】

一日照遇、万燈相国

一つの灯火を掲げて一隅を照らす。そうした誠心誠意の歩みを続けると、

いつか必ず共鳴する人が現れてくる。一灯は二灯となり三灯となり、いつしか万灯となって、

国をほのかに照らすようになる。

 

レッスン5

日本国のあらまし  【起源 国旗 国家】

責任者のための心の作り方 【振り返り2】

国の政治のしくみ【3】

【偉人:中村天風】

まずは人間を創れ、魂を磨け、さすれば幸福は向こうからやってくる

 

レッスン6

古代日本の大転換期 【大化の改新】

手紙を書く 【美しい文字の書き方 】

学校教育概要  【学習指導要領 学校教育法 教育基本法】

【偉人:坂村真民】

花は一瞬にして 咲くのではない。

大地から芽から出て葉をつくり、葉を繁らせ、成長して、つぼみをつくり花を咲かせ、実をつくっていく。

花は一瞬にして 咲くのではない。

花は一筋に咲くのだ。

 

レッスン7

明治維新と日本人

振り返り経過発表  【個人発表】

実践 手紙を書く 【両親・恩師・妻宛て】

【偉人:勝海舟】

その人がどれだけの人かは、人生に日が当たってない時に、どのように過ごしているかで図れる。

日が当たっている時は、何をやってもうまくいく。

 

レッスン8

日露戦争

ディベートのルール

江戸時代の教育について 【幼児教育 武士教育】

【偉人:秋山真之】

成敗は天に在りといえども、人事を尽くさずして、天、天と言うなかれ。

 

レッスン9

太平洋戦争と大東亜戦争

ディベート 【1】

躾と徳育 【道徳教育】

【偉人:吉田松陰】

至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり。

「国家とともに」という志がないならば、人ではないのである。

 

レッスン10

歴史観

ディベート 【2】

生涯学習と教育費

【偉人:高杉晋作】

古くから天下のことを行う者は、大義を本分とし、決して他人に左右されることなく、断固として志を貫く。

禍福や死生によって気持ちが揺れ動いたりするものではない。

 

レッスン11

教育について考える  【森信三・東井義雄・坂村真民】

ディベート 【3】

個人発表

【偉人:東井義雄】

今が本番 今日が本番 今年こそが本番

明日がある 明後日がある と思っている間は

なんにもありはしない

肝心な今さえ ないんだから

 

レッスン12

日本について   【個人発表】

振り返りについて 【個人発表】

時事問題     【個人発表】

【偉人:西郷隆盛】

敬天愛人

人を相手にせず、天を相手にして、

おのれを尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし